台湾料理といえばビーフンやフォーが思い浮かびます。独特のスパイスを用いた料理も多いので、クセのあるものは好き嫌いが分かれることも多いです。

 

肉よりも魚介類が使われることが多いのでヘルシーなイメージがあります。ビーフンは、日本人の主食であるコメを原料としていることから、日本人でも食べやすいです。

 

ひき肉は麺のトッピングとして多く利用されています。味噌で味付けされたものや、ピリ辛の味付けがされたものまで様々です。

 

コメが主食なので、チャーハンのような炒めて味付けをしたものは、色々なお店で食べることができます。

 

味付けはピリ辛のものからあっさりしたものまで様々です。台湾に行くと屋台も多いです。

 

デザートで有名なのはトウファと呼ばれているもので、豆腐を使ったヘルシーデザートとして日本でも人気があります。黒蜜をかけたりきなこをかけて食べるので、和食のイメージもありますが台湾のデザートです。

 

野菜料理では青菜を炒めた炒め物がよく食べられています。油で炒めているのでコクのある仕上がりでにんにくが入っていたり、唐辛子入り、小魚入りなど青菜が苦手でも食べやすいように工夫して作られています。

 

台湾料理は国内でも専門店があるくらい人気なので、現地に行ったら台湾料理のお店に入って本場の味を楽しんでください。