本語以外の外国語を話せることは、就職において大きな武器になります。世界全体では、国際語になりつつある英語の需要が高まっていますが、全ての国や地域でもてはやされているわけではありません。では、台湾に就職しようと思った場合は、英語と中国語、どちらを話せた方がいいのでしょうか。台湾は古くから中国との関係が深い場所なので、主に話されている言葉は中国語です。方言などの多少の違いはありますが、日常会話が理解できるレベルなら、普通の生活を送るのに支障はありません。

 

ビジネスの場では専門用語が使用されることがあるので、台湾で働きたいと思うなら、日常会話に加えてビジネス用語の勉強をしておいた方がいいです。一方、英語が話せるビジネスマンは台湾でそれほど重視されません。

 

特殊な言語を習得している人間よりも、現地の公用語でコミュニケーションを取れる人間の方が重視されます。もちろん全く必要ないというわけではありませんが、特定の職種でない限り、ビジネスの場で使うことは稀です。よって、台湾では英語よりも中国語の方が重要であるといえます。中国語の文法の違いと発音の複雑さは最初難しく感じますが、日本語と同じ漢字を使う言語なので、アルファベットを使う言語よりは比較的覚えやすいです。

 

他の外国語と比べて上達が早いので学習の成果を実感しやすく、モチベーションを保ちやすいというメリットもあります。就職活動の成功のために、さっそく勉強を始めてみましょう。