台湾のIT産業は、世界中でも非常に支持されていて、なんとノートパソコンのシェア率は台湾企業が九割を占めているほどなのです。
日本でも最近ではACER(エイサー)やASUS(エイスース)といった格安のノートパソコンが人気になっています。

 

エイサー社はノートパソコンだけではなくデスクトップやディスプレイなども作っていて、日本法人も設立されています。

 

自社のパソコンだけではなく、日本企業のNECや富士通、日立などのマザーボードもエイサー者のOEM事業として提供されているのです。

 

そして、とにかく小型・軽量化されていて持ち運びに便利なネットブックを作っているのがASUS社です。

 

注目すべきは、ネットブックを世界で初めて市場に投入した企業だということではないでしょうか。

 

このように台湾ではIT産業が非常に発展していて、これから先もいろいろな新しい技術や製品などが出てくることが予想されます。

 

そのため、IT産業に関わったことがあったり、専門知識を勉強してきた日本人が台湾での就職や転職を考えるケースも増えてきていたりもします。

 

台湾の企業も、技術や知識が豊富な日本人を採用したいことも考えていますから、IT産業の求人情報は割りと豊富になっていると言えます。

 

また、IT産業でも技術職だけではなくて、台湾から日本に新しい製品などを発信するために営業職や、日本とのやり取りが出来る語学力に長けている方も求められています。