台湾に進出している日系企業で働くケースでしたら、職種や担当するポジションによって求められる語学力のレベルにも差があったりします。

 

たとえば、日本の本社や、台湾に在住の日本人を相手にするようなお仕事の場合には、日本語でのやり取りがメインとなりますから、それ程高いレベルの英語力や中国語力は問われない場合もあるのです。

 

こういったケースが多いのは現地採用よりも駐在員の方の方が多い傾向にあります。専門の通訳の方がついていて、通訳を通してやり取りが出来たりする場合もあるでしょう。

 

ただし、日系企業に現地採用として働く方の場合、駐在員と台湾人スタッフのやりとりを仲介する役割を持つような管理職だったり、台湾だけに留まらずに大陸中国への出張がたびたびあるような仕事内容でしたら、ビジネスレベルの高い英語力や中国語力が求められることでしょう。

 

そのため、まずは求人情報の仕事内容、そして応募条件などをきちんとチェックした上で応募をするようにしましょう。

 

その企業が求めているような条件に合致しなければ、いくらご自身が働きたいと言っても応募するだけ無駄になってしまうこともあるからです。

 

台湾での就職や転職を目指すのであれば、たとえどのような職種であったとしても、ある程度は語学力を高めていく努力を怠ってはいけません。

 

台湾で働くなら日本人でも英語や中国語が出来て当たり前だと考えている台湾企業もあるのです。