台湾で就業をする場合には、内容によっても条件や待遇、給料などが違ってきます。まず、働く形態としては、いくつかのパターンをあげることができ、1つ目には日本人の本社派遣の駐在員として働く方法があります。この場合には日本で採用されてからの派遣となり、概ね、数年での帰国となる場合が多いものの、会社内での内容も含めて日常生活においても日本と同じ条件となり、もっとも待遇が良いパターンとなります。また、日本にも定期的に帰ることができるというメリットもあります。

 

次に、台湾での現地採用によるパターンがあります。この場合には日本企業に勤める場合と台湾企業に勤める場合の2つがあり、日本企業においては比較的働きやすい反面、待遇としてはあくまでも現地採用ベースで行われることになります。台湾企業の場合には、当然、他の台湾企業と同じ条件が提示されることになり、ここでは、社風に関しての理解にも努力が必要となります。他には、派遣会社等を活用して、例えば日本人教師として就業をする方法や、高リターンが期待できるものとしては起業をする方法があり、その代わり高リスクも覚悟をしてから行う必要があります。

 

台湾で働く方法としては、企業への就業を行うか、自ら起業をするかの2つの方法がありますが、一般的に待遇や条件が良いパターンとしては駐在員による方法となり、最近では勤続年数が長い場合などでは、日本よりも給料等の伸びが大きな企業も増えてきています。社会保険などの福利厚生に関しても日本と同様の扱いとなっており、給料においても現地採用に比べ高く、居住も含め各種手当も完備されています。