日本人が人材紹介会社を通して台湾で働く場合、応募してから入社するまでの流れはどのようになっているのでしょうか。

 

まず、人材紹介会社が登録者の希望に合う案件があるか、マッチングをします。そこで登録者に興味があれば、クライアント企業へ登録者の情報が開示されます。クライアントの企業は書類選考で、その人を面接するかどうかを決めます。書類選考に合格すると、面接の場がセッティングされます。面接は人材紹介会社の担当者が同席の下で行われます。これが、一次面接です。場合によっては、二次面接を行います。面接が終わると、給料など条件面の調整を行います。ここまで進むといよいよ内定・採用が決定し、入社となります。

 

たいてい、このような流れとなっています。
この人材紹介会社のサービスを活用すると、キャリアアドバイザーと言われる担当者が、就職・転職を心強くサポートしてくれます。

 

企業側のメリットとしては、効率的に求人が行えて、求人のための広告費用や労力を削減することができます。それに、希望に添った労働者を素早く確保することができます。ですから、多くの求人情報が寄せられるわけです。キャリアアドバイザーは集まってきた台湾現地の情報を下にマッチングを行いますから、希望に添った企業を素早く紹介することができるわけです。これは、サービスを利用する大きなメリットです。台湾での就職・転職をお考えの方は、上手に活用されてみてはいかがでしょうか。